この世はいつでもディストピア

色々と書いてみます。ツイッターもやってます(@karamazov012)

「稼いでいるアピール」をするブロガーたちへの違和感

こんにちは、カラマーゾフです。

 

私はこうしてブログを書いています。今のところアフィリエイトアドセンス(カネになる広告宣伝)などは仕込んでいないので収益は発生していませんが、いつか収益化したいなと思っています。また、有名になってライターとしてお仕事を貰って、お金を稼げたらいいなぁと夢想したりもしています。

 

しかし、ブログを書くために情報を集めたり、実際に他の人が書いた記事を読むと、ある種の違和感を覚えることがあります。

 

ねずみ講臭い」という違和感です。

 

今回はそれについて書いていきます。

 

「稼げてます!」と声高に叫ぶブロガーの謎

ブロガーというか、アフィリエイトで稼ぐ人は「月何百万稼ぎました!!」とアピールする人が多いです。しかし、よく考えると、この「稼げてますアピール」は不可解なのです。

 

「金儲け」に成功している人は、基本的にその「金儲けの方法」を他人に教えることはありません。ライバルが増えて、自分の取り分が減ってしまうからです。

 

確かに、「お金を稼ぐ方法を教えてあげよう」という善意の人もいるかもしれません。それに、ブログは人気商売の側面があります。そのため、人気にならなければ稼げないという構造があり、「アピールをする」というのはある意味では重要でしょう。

 

また、「稼げました!」という報告の意味合いもあるのかもしれません。ブロガー仲間と互いの達成額を報告しあい、明日のモチベーションにつなげているのかもしれません。

 

もしかしたら、単純な自己顕示欲かもしれません。「俺は稼げているぞ!」とアピールして、他の人間に自分の凄さを認識させたいだけなのかもしれません。

 

しかし、それを差し引いても「稼げているアピール」をするブロガーは理解ができないのです。「ライバルを増やしかねない」というリスクを冒してまで、わざわざアピールすべき事柄ではない気がするのです。

 

 

「ブログを書くハウツー」ばかり書かれたブログへの違和感

また、もう一つ違和感を覚えることがあります。「ブログを書くためのハウツーばかりを書いているブログ」です。

 

アフィリエイトの申請方法

アドセンスに通るためのコツ

ワードプレスのやり方

 

などばかりを書いたブログを見て、「誰に向けた情報発信なんだろう」と思ってしまうのです。当然、発信対象はブログを書いている人に向けたものなのでしょうし、私も当然その手の情報にはお世話になるのですが、それにしても、「読者からその先」が見えないのです。

 

言ってみれば、「何のためにブログのハウツーを書いたのか」「読者にどのような”効用”をもたらすために記事を書いているのか」といったことの先がいまいち見えないのです。

 

その答えは

「ブログの書き方を調べてる人に、ブログのハウツーを教えることで、読者の問題を解決する。また、記事に埋め込まれたアフィリエイトアドセンスから広告収入を得る」

というもので間違いがないでしょう。

 

それが悪いこととは言いません。しかし、私は疑問に思うのです。

 

「その記事を書いた筆者、ブロガーの《色》はどこにあるのか?独自性は何なのか?そもそも、なんで同業他社であるブロガーをわざわざ助けるのか?広告収入以外に何か目的はないのか?」

 

といったことを、考えてしまうのです。

 

「ブロガー」が増えないとお金が入らない商売

「稼いでいるアピール」をする人や、「ブログのハウツーばかりを教えてくれる人」が単純に非難するつもりではありません。私だって、そのようなアピールにつられてブログを始めたクチですし、また、ハウツー情報には大いに助けられています。

 

しかし、「お金以外の目的」が見えにくいのが、疑問なのです。

 

ブログのハウツーを書くことで、確かに助けられるブロガーはいるでしょう。しかし、「ブログのハウツーを書くことで、広告収入を得る」というビジネスモデルは、ブロガーが増えなければ先細りになってしまいます。

 

まるで、「ブロガー志望の人間を増やすために『稼げてるアピール』をして、そうやって増えたブロガー志望の人間に『ブログのハウツー』をぶつけることで、広告収入を得る」というモデルが組み上げられていて、そのためだけに記事を書いているという印象を受けるのです。

 

「ブロガーが増えないとお金が入らない商売」が展開されている気がするのです。それはどことなくねずみ講に似ていると言われても仕方ないのではないでしょうか。

 

また、そのようなモデルで組み上げられた記事を読んでいても、「書いた人の顔」が見えないのです。読んでいて、とてもつまらないと感じてしまうのです。

 

もう少し、読んでいて「書いている人の顔」がわかるようなブログが増えてほしいと思っています。

 

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 カラマゾフでした。

 

 

能面の世界 (コロナ・ブックス)

能面の世界 (コロナ・ブックス)